デリケートゾーンのニオイ、もしかしたらこんな病気かもしれません

デリケートゾーンのニオイ

 

デリケートゾーンが臭う気がする・・・
彼に臭いと思われたらどうしよう・・・

 

そんな風に誰にも言えず悩んでいる方も多いと思います。
そのデリケートゾーンの臭いは、ただ臭うということではなく、もしかしたら病気のサインかもしれないのです。

 

いくらデリケートゾーンの臭いケアをしても治らない場合は、婦人科系の病気や性病にかかっている可能性が高いのです。

 

そこで今回は、デリケートゾーンが臭ってしまう病気についてご紹介します。

 

デリケートゾーンのニオイ

 

 

カンジダ膣炎

カンジダ腟炎は抗生物質を飲用している場合や、体調が優れないときなど体が弱っている場合に発生しやすい病気です。
カンジダ腟炎の場合は、強い臭いを感じます。そして、おりものは白っぽかったり、黄色っぽかったりするのが特徴です。
また、デリケートゾーンにかなりのかゆみや場合によっては痛みを感じることもあります。

 

細菌性膣炎

細菌性腟炎になるとデリケートゾーンから生臭いニオイがします。
まるで生魚の臭いのような強烈なにおいが特徴です。
そして、水っぽくチーズのようなおりものが出ます。また、デリケートゾーンにかなりのかゆみを感じるなどの症状もあります。

 

淋病

淋病は主に性行為によって感染してしまう病気です。
淋病の場合、デリケートゾーンがイカのような臭いになってしまうという特徴があります。
また、おりものの量が増加し、黄緑色がかっている場合も淋病の可能性が少なからずあります。

 

クラミジア

クラミジアの場合もデリケートゾーンがかなり臭います。
食べ物が腐ったようなかなりキツイ臭いです。そして、下腹部に強い痛みを感じるのが特徴です。
また、おりものの色が緑になるのも特徴です。

 

子宮頚がん

子宮頚がんの場合もデリケートゾーンが臭います。生理ではないのにおりものに血が混じったり、血尿や血便が出たりした場合、子宮頚がんの可能性が高いです。
また、体がだるくなるなどの症状もあります。

 

トリコモナス症

トリコモナス原虫が感染することで発症してしまうトリコモナス症。そんなトリコモナス症でも強い臭いを感じます。
また、それ以外にも強いかゆみを感じたり、排尿時に強い痛みを感じたりする場合があります。
そして、おりものは黄色っぽかったり、黄緑色っぽかったりするのが特徴です。

 

まとめ

このようにデリケートゾーンが臭ってしまうという病気はたくさんあるのです。
デリケートゾーンの臭いケアをしているのに、なかなか治らず臭ったまま・・・という人は病気が原因で臭っているという可能性があります。

 

デリケートゾーンの臭いを感じてケアしても改善されない場合は、一人で悩まずにまずは病院で診断してもらうことをオススメします。

 

 

>>デリケートゾーン臭いケア石鹸ランキングはこちら

 

イビサシリーズからソープとデオドラントWニオイケアセット登場