デリケートゾーン臭いって、生活環境や汚れ以外にもあるの?

デリケートゾーン臭い対策

 

デリケートゾーンがなんだか臭うと悩んでいる方も多いはず。
ですが、原因や解決法などなかなか分からないことが多いですよね。

 

実はデリケートゾーンが臭う原因は、下着による蒸れやデリケートゾーンの洗いすぎなど日常生活の中に潜んでいるのです。

 

それに加えて生活習慣によってもデリケートゾーンが臭ってしまうこともあります。睡眠不足などでまた、それだけではなく、日常的に食べる食べ物も原因となってしまうのです。


デリケートゾーンの臭いの原因は食事にも?!

デリケートゾーン臭い対策

 

食生活がデリケートゾーンの臭いの原因になってしまうなんて驚きですよね。その理由は、食事の欧米化にあるのです。

 

そもそも臭いは、皮脂が皮膚にある皮膚常在菌と混ざることで発生してしまいます。
脂肪分の多い食事や動物性たんぱく質の多い食事など欧米的な食事は皮脂の分泌量を増加させ、酸化してしまうことで臭いがキツくなってしまうのです。

 

それとは逆に、日本食は脂肪分が低く、高たんぱく質な物が多く、それほど臭わないのです。


デリケートゾーンの臭いの原因となる食べ物とは?

デリケートゾーン臭い対策

 

デリケートゾーンの臭いの原因になってしまう主な成分は、動物性たんぱく質、食品添加物、アリシン、硫化アリルなどが挙げられます。

 

この成分が入っている食べ物は臭いの原因となってしまうので注意が必要です。
臭いの原因となる食べ物をチェックしていきましょう。

 

まず、キャベツやブロッコリー、たまねぎなどの野菜も臭いの元なのです。
たまねぎにはアリシンが含まれているので、きつい臭いになってしまいます。

 

動物性たんぱく質が含まれた赤身肉も臭いの原因になるのです。最長2週間ほど、臭ってしまうことも。

 

チーズやバターなどの乳製品は、腸にたまりやすく酸化してキツイ刺激臭を発します。
甘い食べ物は、子宮に菌を増加させてしまい、オリモノがキツイ臭いになってしまうこともあります。

 

また、ジャンクフードや発酵食品も臭いの原因になってしまうので注意しましょう。


デリケートゾーンの臭いを改善する食べ物とは?

デリケートゾーン臭い対策

 

それでは、臭いを改善してくれる食べ物をチェックしましょう。

 

ニンジンやカボチャなどのβカロチンを含む食べ物や、パプリカやレモンなどビタミンCを含む食べ物、ナッツやほうれん草などビタミンEを含む食べ物、ゴマやイチゴなどポリフェノールを含む食べ物、大豆や豆腐などのイソフラボンを含む食べ物などが臭いを軽減してくれるのです。

 

また、めかぶやわかめなどの食物繊維を含む食べ物もオススメで、特にオススメなのがめかぶです。
フコイダンという、臭いの元を外に放出してくれる成分が含まれています。


まとめ

臭いの原因となる食べ物は、よく噛むようにして、しっかり消化させるのが臭いを軽減させるポイントです。

 

なるべく臭いを軽減させる食べ物を意識的に食べていくことも大事ですね。

 

 

>>デリケートゾーン臭い対策石鹸ランキングはこちら

 

イビサシリーズからソープとデオドラントWニオイケアセット登場